チュードル・薔薇の専門店ローズガーデン  

ローズガーデンはロレックス・チュードル アンティークウォッチの専門店です

TOPに戻る

◇ いらっしゃいませ ◇

「ローズガーデン」はチュードル・薔薇の専門店です。
チュードルのデカ薔薇やコバラ、ロレックスなどのアンティーク時計、機械式時計をご紹介しております。
是非ご覧ください。

tudor
デカバラ
コバラ
タテバラ
タテロゴ
レンジャー
サブマリーナ
アドバイザー
クロノタイム
rolex
オイスター
オイスターデイト
ノンオイスター
パーペチュアル
バブルバック
エクスプローラー
サブマリーナ
GMTマスター
カメレオン
チェリーニ
クロノグラフ
ブレスレット
other
オメガ
IWC
ゼニス
ロンジン
カルティエ
他
model
手巻き
自動巻き
クオーツ
メンズ
レディース
カレンダー
ダイバー
クロノグラフ
スポーツ
アラーム
ミリタリー
金無垢
SS/Gコンビ
ヴィンテージ
レア
ブレスレット
ボックス
ホームチュードル ディティール:エンブレム

emblem

-エンブレム編-

イングランドの紋章「薔薇」をあしらったチュードルの薔薇シリーズ。
そのエンブレムにはさまざまなパターンがありますが、
代表的なものをご紹介します。

dekabara

12時に配置される最も大きなエンブレム。通称『デカ薔薇』。イングランドの紋章をそのまま図案化したもの。
アプライトのインデックスと組み合わされます。

kobara

ベーシックなエンブレム。通称『チビバラ』。プリントで描かれ、スポーツモデルなどにも多く採用されています。

tatebara チビバラを盾で縁取ったエンブレム。通称『タテバラ』
ボーイズサイズのモデルなどに多く採用されています。
tate

現在まで広く採用されているエンブレム『盾』。
創業者ハンスの死を契機に変更されたといわれています。

 

■実際のモデルでは次のような感じです。

 

おなじみデカバラのエンブレム。
必ずアプライト(植字)のエンブレムで
クサビ形のインデックスとセットになっています。
花びらは5つの花弁がそれぞれ二重になっており、
シリーズ中もっともイングランドの紋章らしい
堂々たる形をしたエンブレムです。
最近巷では双葉の中に点?の入った不思議な
エンブレムを見かけることがあります(笑)

画像は手巻きのゴールドインデックスのもの 

 

コバラのエンブレム。
デカバラの約4分の1程度の大きさで
チビバラなどとも呼ばれます。
ダイアルトップにプリントで描かれます。
デカバラほど主張していないひっそりとしたたたずまいが
可憐で人気にもなっています。
こちらはプリンスオイスターのもの

 

 

同じくコバラのエンブレム。
こちらは希少なサブマリーナ、レンジャーのエンブレムで
わずか2mm角の中に実に緻密にデザインされています。
ともにほとんど流通しない希少モデルですので、
オリジナルを見れるチャンスはほとんどないと思います。
画像はコバラ サブマリーナ Ref.7928 のもの

 

 

ちなみにもともとベースになっているチューダーズローズは
こんな感じです

 

 

■その他のダイアルバリエーションも随時更新していきますのでお楽しみに。

 <<トップページ  <<戻る「チュードルの歴史」     次は「ケースバック編」>>

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス